住所や電話番号を出品者に伝えなければならない

中古品でもまったく問題ないという人は、インターネットオークションを利用している人が少なくないでしょう。ただ、ネットオークションにはプライバシー漏洩の心配がいくつかあります。たとえば、落札者に対して商品の送付先として自宅の住所や電話番号を伝えなければなりませんし、どのIDの人がどういう商品を落札したのか、誰でも見られるようになっているサービスもあります。もし、IDをほかのサービスと共通のものにしていた場合、個人を特定され、落札品の内容から趣味嗜好を突き止められる恐れがあり、心配です。
では、インターネットオークションを利用する際、うまくプライバシーを隠せる方法はないのでしょうか。まず、最近のオークションサービスの中には、出品者に対して個人情報を知らせずに商品を送ってもらえるシステムを採用しているところが増えているので、そういったところを利用すれば住所漏洩の心配はなくなるでしょう。

直接的に個人情報のやりとりをしなくて済むように

出品者側には、落札者に対して住所や電話番号だけではなく、お金の振込先である銀行口座についても教えないといけないというリスクが存在しますが、このリスクも最近のインターネットオークションサービスにはほとんどありません。というのは、落札者から振り込まれたお金をオークションサービスの運営会社がいったん預かって、そこから出品者の口座に振り込みというシステムになっているからです。
では、どのような商品を落札したのかIDと紐付けされてしまうという問題はどうなっているのでしょうか。これについても、オークションの運営会社は、落札した商品の情報は公開しない、あるいはIDを隠すといった方法で対策を行っています。

機密文書とは、企業にとって重要で外部に漏らしてはならない文書のことで厳格に管理されます。製造原価の情報文書や製造方法に関する文書、新商品情報の文書などがこれに該当します。