通販で事業拡大をするときに気をつけたい物流

商品やサービスの販売を行ってきた企業がECサイトを作って通販で事業拡大をしていきたいという場合には物流に気をつけなければなりません。特に重要なのが在庫管理であり、それまでは倉庫と店頭の在庫だけしか管理する必要がなかった状態から、ECサイトでの注文に対応できる形で在庫を管理できるように体制を整えることが必要になります。注文と在庫の減少が同じタイミングで起こらないため、注文が確定されたら自動的に在庫が減るシステムを構築することが必須です。そのため、一元管理できるシステムを導入しなければ実店舗での販売と同期させることは容易ではありません。ECサイトをただ起ち上げれば良いと考えていた場合には、早急に物流の全体像を見直しましょう。

POSを活用するのが最も合理的

どのようなシステムで物流を行えるようにするかで悩んだら導入を検討した方が良いのがPOSシステムです。在庫を全てバーコード管理して一つのシステム上で状態を把握できるようにすると商品管理が容易になります。POSならリアルタイムで商品の状態を登録できるため、倉庫在庫、店頭在庫、注文を受けた在庫といった形で個々の商品を管理可能です。また、物流と関連付けることによって出荷待ち、運送中、納品済みといった形での管理も行えます。物流会社と提携してシステムを動かすこともできるため、たった一つのシステムでほぼ完璧な形で商品を取り扱えるのが魅力です。既にPOSシステムを取り入れているときにも仕様を拡張すると使い勝手がよくなるでしょう。

EC物流とは電子商取引に伴う物的流通のことです。聞きなれない言葉かと思いますが、オンラインショップやオークションサイトなどもこれに当たり、すでに利用している方が多いのではないかと思います。