タイムレコーダーアプリで管理をしやすく!

社員の出勤退勤などを記録できるタイムレコーダーですが、紙媒体で管理するよりもタイムレコーダーアプリを使用するとより簡単で簡便に記録を取ることができます。タイムレコーダーアプリをタブレットへ端末へ導入するだけで簡単にタイムレコーダーとして運用することができるようになります。操作も簡単でアプリに表示されている出勤、退勤ボタンをタップするだけで良いのです。あまりにも簡単すぎるので不正ができるように思いますが、タップしたのと同時に顔を撮影しているので誰がタップしたのか記録として残すことができます。中には笑顔かどうかを判断する機能が搭載されているアプリもあるので、用途によって使い分けるのも良いでしょう。

アプリにすることの利便性とは

タイムレコーダーをアプリにすることで管理がしやすくなります。社員ごとに勤務時間を設定できるので残業の管理も簡単です。雇用形態も設定できるので給与計算もしやすくなります。アプリによっては自動で給与計算もしてくれるので、出来上がったデータをパソコンなどの媒体でも閲覧できる形式へ出力可能です。これによりデータ管理や共有が簡単にできます。また、出張先であっても出勤のボタンをタップすれば出勤扱いになるなどどこへいても社員の勤怠管理ができる優れものです。導入もインストールするだけの簡単なのも魅力ですが、アプリによってはできることに違いがある場合や、無料で使用できるなど利用形態も違うので自社に合ったタイムレコーダーアプリを見つけましょう。

どの会社も勤務時間が同じわけではないので、タイムレコーダーは会社ごとにぴったり合ったものを選ばなくてはいけません。