正確かつ安心できる運転技術

タクシー運転手に求められるものは、まず正確かつ安心できる運転技術です。相手にクラクションを鳴らされるような運転では乗客が不安になりますし、急発進や急ブレーキも不快以外の何物でもありません。このような乱暴な運転をすると交通事故の危険性も高まります。乗客を怪我させると賠償金を支払うことになりますし、万が一死亡するようなことがあれば大変です。もうタクシー運転手として働くのは不可能と言っても過言ではありません。

近隣の情報や道を把握

タクシー運転手は、単に乗客を目的地に運ぶだけが仕事ではありません。会話の中で、オススメのお店などに関する情報を提供するのも大切です。特に観光客を乗せた時は、オススメのお店に関する話題になる可能性が高いです。そんな時によく分からないという切り返しをするのか、色々な情報を伝えるかでは大きく印象が異なります。乗客に満足感を与えると余計なトラブルになりにくいです。

また、道を知り尽くしていることも重要です。最短のルートで行けば乗車料金も少なくなるからです。遠回りしていると時間もかかりますし、料金も高くなります。乗客に道を教えられるようでは、タクシー運転手としてのプライドを保てません。

接客態度も重要視される

短い時間とは言えど、車内という狭い空間で時間を過ごすので気まずい空気を作ってはいけません。もちろん寝たい乗客もいるのでケースバイケースですが、空気が重くならないように雑談を持ちかけることも重要です。車内が和めば、自分も乗客も気分が良くなります。

会社で役員運転手が必要なら一人正社員として雇うと費用がかなりかかるので、派遣がおすすめです。ドライバー技術とマナーの良いスタッフが対応してくれます。