パネルの大きさが同じなら発電量も同じになるか

環境に配慮した電気エネルギーとして太陽光発電の利用が高まっています。火力発電や原子力発電は家庭では行えませんが、太陽光発電なら太陽光パネルを設置すれば行えます。各家庭で使う電気を自家発電で行えば、火力発電や原子力発電の負担が減り環境に優しい生活ができそうです。太陽光発電を利用するにはパネルを設置しなければいけませんが色々なメーカーからパネルが提供されています。同じ大きさのパネルなら発電量も同じになるかですが、実際にはそれぞれのメーカーで変換効率が異なります。変換効率は面積当たりの発電量を表し、変換効率が高くなっているものほど発電量が多くなります。できるだけたくさん発電させたいなら、変換効率の高いパネルを選ばなくてはいけません。

太陽光パネルは見た目を重視して選ぶ

住宅を購入するとき、既に建てられている建売もあれば一から建てる注文住宅もあります。建売はすでに外観なども決まっているので、全てを自分の好みにしたりはできません。注文住宅は予算の範囲内なら自由に内装や外観を決められます。屋根の材質などを決めたりもするでしょうが、その時には太陽光パネルを設置したときにどうなるかを考えてみましょう。太陽光パネルを屋根の上に設置すると、住宅によってはパネル部分だけが目立ってせっかくの見た目を台無しにしてしまうときがあります。一方でパネルの雰囲気と屋根の材質の雰囲気が似ていると、見た目を気にしなくて済みます。発電力で選ぶのも良いですが、見た目も気にしながら選ぶのも忘れないようにしましょう。

太陽光発電の価格は2018年時点で200万円~350万円と言われます。高額なのでいくつかの業者で見積もりをとったり、または各自治体によっては補助金制度もあるので、問い合わせるのもよいでしょう。